コロナの先の社会へ「地元経済を創りなおす」

このテーマの動画

arrow_left
arrow_right

このテーマの概要

2020年7月4日 19:00-21:00

コロナの先の社会へ「地元経済を創りなおす」

枝廣 淳子, 福嶋 隆宏

  • 地域経済

講師紹介

枝廣 淳子(えだひろ じゅんこ)

所属・役職

大学院大学至善館教授、幸せ経済社会研究所所長

1962年京都生まれ。東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。 『不都合な真実』(アル・ゴア氏著)の翻訳をはじめ、環境・エネルギー問題に関する講演、執筆、企業のCSRコンサルティングや異業種勉強会等の 活動を通じて、地球環境の現状や国内外の動きを発信。持続可能な未来に向けて新しい経済や社会のあり方、幸福度、レジリエンス(しなやかな強さ)を高めるための考え方や事例を研究。 「伝えること」で変化を創り、「つながり」と「対話」でしなやかに強く幸せな未来の共創をめざす。 主な著訳書に、『地元経済を創りなおす』(岩波書店)、『成長の限界 人類の選択』(ダイヤモンド社)、『学習する組織』(英治出版)、『レジリエンスと は何か』(東洋経済新報社)、『大転換』(岩波書店)他

福嶋 隆宏(ふくしま たかひろ)

所属・役職

深谷市 産業振興部 産業ブランド推進室 室長補佐

埼玉県深谷市出身。2000年深谷市入庁。 総合政策部政策推進課、産業振興部商工振興課、企画財政部財政課、企画課等を経て、2018年から産業振興部産業ブランド推進室 室長補佐。現在は、深谷市の産業ブランド推進方針に掲げる「儲かる農業都市ふかや」の実現に向けて、人を呼び込むための取組として「野菜を楽しめるまちづくり戦略」、新たな企業を誘致するための取組として「アグリテック集積戦略」、地域内経済循環を高める取組として「地域通貨導入戦略」に注力している。博士(地域政策学)。専門は、政策評価、政策科学。